─ JSS協会について ────── 

◇ JSS代表理事挨拶 ◇ 協会の目的 ◇ 協会の構想
◇ 協会概要 ◇ 協会からのお知らせ

JSS代表理事挨拶

一般社団法人JAPAN SOCIAL STANDARD協会は、ソーシャルメディア&モバイル端末等の著しい進化によりITを活用した各事業の新しいB to B、B to C ビジネスモデルづくりと、一方では過疎化が進む地方生活者への新しいライフラインづくり、並びに成熟化の流れの中で日本文化の良さを取り戻すための各種活動及び都市化により著しく就労人口の減少と老齢化の進んだ日本農業復活に向けた活動を進めてまいります。
更に当協会は、1975年10月から2011年1月までの36年間活動し、歴史的にも数多くの小売業及び関連する各企業ならびに各諸団体の活動支援に貢献してきました財団法人店舗システム協会の事業を継承することも大きなミッションとしております。
1970年より40年間にわたり小売業のスタンダードづくりに多くの業績を残されました前財団法人店舗システム協会専務理事の高山れい子氏を最高顧問に迎え我が国の新しいビジネススタンダードづくりに寄与してまいります。

一般社団法人 JAPAN SOCIAL STANDARD協会
代表理事  倉田 篤志

JSS協会の目的

当協会は、ソーシャルメディア&モバイル端末の著しい進化によりITを活用した各種事業のBtoB、BtoC ビジネスモデルづくりと、一方で過疎化が進む地方生活者への新しいライフラインづくり、並びに成熟化の流れの中で日本文化の良さを取り戻すための各種活動及び都市集中により著しく就労人口の減少と老齢化の進んだ日本農業の復活等に資する活動を展開することを目標としております。

JSSの構想

1. 各既存事業の次世代のビジネスモデルづくりに向けた情報の取集・提供及び調査・研究を行います。
2. 調査・研究を踏まえ新しいビジネススタンダードづくりの提言を行います。
3. 各既存事業の次世代のビジネスモデルが新しいビジネススタンダードになれるかどうか実証事件・導入に関する調査研究及び研修・教育事業を行います。
4. 農業の活性化に向け農業の新しいビジネスモデルづくりの調査研究・実証実験を行います。
5. 自然回帰・循環型社会づくり・里山の活性化等々に向けた調査研究・実証実験を行います。
6. 過疎化と高齢化の進む地方の活性化の施策を協同で行います。

協会概要

協会名 一般社団法人 JAPAN SOCIAL STANDARD協会
設立 平成 23年 4月 1日
発足母体は(元)財団法人店舗システム化協会であることから、その事業の一部を引き継いでおります
コンタクト お問合せページよりご連絡ください
所在地 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂六丁目42番地 神楽坂喜多川ビル7F

協会からのお知らせ

2013.06.05 事務所を移転しました。
2011.08.01 団体名を JAPAN SOCIAL STANDARD協会に変更致しました。
2011.06.23 水野誠一氏(株式会社インスティテュート・オブ・マーケティング・アーキテクチャー代表取締役・元西武百貨店代表取締役社長)が名誉相談役に就任しました。
2011.06.07 福島啓史郎氏(元農林水産省食品流通局長・元参議院議員)が名誉相談役に就任しました。
2011.04.21 藤田史郎氏(元NTTデータ代表取締役会長・前財団法人店舗システム協会理事長)が名誉相談役に就任しました。
2011.04.01 代表理事に倉田篤志氏(元協同組合セルコチェーン専務理事)が就任しました。
最高顧問に高山れい子氏(前財団法人店舗システム協会専務理事)が就任しました。
Copyright(c) Japan Social Standard assoc. All Rights Reserved.  Design by http://f-tpl.com